モバイルネットとして大人気のBroadWiMAXは、現在ではまだ全国規模で展開されているわけではありません。しかし2009年7月から、少しずつサービスエリアが拡大され続けていて、2016年現在では東京をはじめとする首都圏エリア、名古屋地区、京阪神地区などを中心に、札幌や仙台、広島、福岡などの7都市まで開通しています。これらの地区に住んでいる人なら、BroadWiMAXを申し込む都会的なモバイルネットが楽しめますし、それ以外の所に住んでいる人は、もう少し待てばお住いの地域までBroadWiMAXがやってくることが期待できます。

 

BroadWiMAXでは、業界最安級の利用料金ということもあり、契約台数はすでに400万台を突破しています。外出先からでもインターネットが楽しめるだけでなく、自宅でもルーターとして使うことができるので、自宅のインターネットを辞めてBroadWiMAXだけにするという人も増えています。特に単身世帯の場合にはモバイルタイプのルーターはとても便利で、大人気となっています。

 

BroadWiMAXエリアは、ほかのモバイルルーターとは異なり、各交通機関とも協力しながらエリア拡大に勤めている点が特徴です。一般的に、こうしたルーターは電車や地下鉄、空港などでは使いにくいものなのですが、BroadWiMAXは毎日の通勤時間も出張している時にも快適なインターネット環境を維持するため、ほかのモバイルルーター業社とは異なるサービス展開をしています。こうした点が根強い人気につながっているのかもしれませんね。

 

しかも、BroadWiMAXでは積極的なエリア拡大を展開していて、WiMAXの基地局を増設し続けています。住んでいる所から基地局まで近い方がネット接続もより快適になるわけですから、全国各地に基地局が増設されることによって全人口が快適なモバイル環境を手に入れられることを目指しています。BroadWiMAXの公式サイトでは、お住いの場所でBroadWiMAXが使用可能かどうかをチェックする機能がついています。都道府県別に探しても良いですし、住所やフリーワードでエリア検索をすることもできます。

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]のさらなる詳細はこちら



BroadWiMAXの対応エリア

BroadWiMAXに限らず、どんなサービスでも申し込む前には自分が住んでいる場所がサービス対象エリアかどうかを確認しなければいけません。特にインターネットの場合には、エリア外だと契約しても全く利用できないという事態になるので、まず最初にエリア確認をする事から始めるのが良いでしょう。BroadWiMAXには3種類の機種があり、契約する時には機種を選ぶことができるのですが、機種ごとに対象となるエリアが微妙に異なるため、機種選びの前にエリア確認をしたほうが効率的ですね。BroadWiMAXのエリア確認は、BroadWiMAXの公式サイトで行うことができます。サービスごと、機種ごとにエリアを広い地図で表示することができる他、住んでいる自宅の住所や職場、よく使う場所の住所を入力すると、どの機種が対応しているのかをピンポイントで判定してもらうこともできるので便利ですよ。
もしもエリア確認をしてサービス対象外と判定された場合でも、場合によってはBroadWiMAXを利用できることがあります。そのため、もしもサービス対象外となった場合でも、念のためにBroadWiMAXのカスタマーサービスに問い合わせてみることをおすすめします。

 

BroadWiMAXに申し込みをすると、カスタマーサービス側でも申し込んだ機種と住んでいる地域で利用が可能かどうかはチェックしてもらうことができます。そして、利用が可能だと判断されると契約成立となり、申込んだ端末がすぐに送付されてきます。設定は簡単で、設定をするとすぐに利用し始めることができますよ。

 

BroadWiMAXのサービスエリアは、基本的に海上や山林などでは利用対象外となる傾向にありますね。また、人口がすくないエリアやへき地などでも、繋がらない可能性があります。気を付けてくださいね。ただし、現在つながらなくても、これからサービスエリアが拡大してつながる可能性は十分に考えられるので、もしも現在使いたいけれど使えないという人は、こまめにマップをチェックするという方法もおすすめです。また、住んでいる場所がエリア外でも、エリア内の出張先などで使いたいという時でも、申込むことができますよ。

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]公式サイトはこちら