屋外でもインターネットを楽しめるモバイルルーターは、スマホの普及とともに大人気となっていますが、それぞれプロバイダごとにサービスの内容や特徴などが異なります。業界最安値で利用できるBroadWiMAXと、モバイルルーターのパイオニア的存在のUQ WiMAXはどちらも多くの人から注目されているモバイルルーターですが、どちらが良いかはその人のライフスタイルやインターネットをどのぐらい使うのかによって異なります。BroadWiMAXとUQ WiMAXを比較してみました。

 

まず、UQ WiMAXでは、インターネットに接続する回線接続業者がプロバイダのサービスも行っているのが特徴で、このサービスを選ぶと利用できるプロバイダはUQかMVNOということになります。もちろん、どちらも使い勝手が良いプロバイダなのですが、MVNOとUQ WiMAXとではラインナップされているプランが異なります。MVNOの場合、年間パスポートというプランのみとなっているのに対し、UQ WiMAXだと年間パスポート以外にもUQステッププランとかFlatプラン、そして1DAYプラントいろいろなプランを選ぶことができます。普段はあまり使わないけれど出張や旅行になるとヘビーユーザーになってしまうという人や、使った分だけしっかりカバーして欲しいという時には、使い方に合ったプランを選べるUQ WiMAXはとても便利ですね。ちなみに、このサービスは、1年契約が必要となり、毎月の月額料は3696円となっています。最初に契約すると、初期手数料として3000円がかかりますが、金額的にそれほど高くはないので安心です。

 

一方、BroadWiMAXの場合には、毎月の利用料金が業界最安値ということもあって人気のモバイルルーターサービスとなっていますが、最初の初期契約手数料は19000円と高めになっています。キャンペーンを利用すればこのうち18000円がキャッシュバックしてもらえるので、申込む時にはぜひ賢くキャンペーンを利用しましょう。また、BroadWiMAXは2年間の契約が必要となり、毎月の利用料は2856円となっていますが、2年以内に解約してしまうと違約金として9500円がかかることになります。

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]のさらなる詳細はこちら