インターネットを申し込みたいなと考えているけれど、昼間は仕事で夜も忙しく、家に帰ってくるのは寝る時だけ、という人は多いですよね。そんな人にとって、ほとんど使わない自宅用のインターネットを申し込むことには抵抗がありますし、どれだけ使えるのかなという不安もあるのではないでしょうか。いつでもどこでも自分がいるところで自由に使えるモバイルタイプのルーターの方が、実用的で使い勝手も良いと思いませんか?

 

そんな人の希望を叶えてくれるのが、wimaxです。法人契約なら月額利用料金は毎月たったの2726円と業界トップレベルの最安値を実現していますし、どのぐらいインターネットが必要なのかによってプランを選ぶこともできます。モバイルタイプなので、最初に工事が必要になることはもちろんありませんし、インターネットに接続されているオフィスでなくても、移動中や公園、カフェなどどこででも必要な時にサッとネット接続できるのが魅力です。

 

wimaxの料金プランは2つあります。月額料金を出来るだけ安いプランにしたい人には、月額2726円のライトプランがおススメで、こちらはメールのチェックをしたりサイトを閲覧することがメインの人におすすめのプランですね。通常の月額料金は3326円ですが、最初の24か月間はキャンペーンを利用して通常よりも600円お得な料金で利用できます。

 

もう一つのプランは、プレゼンなどで頻繁にネットを利用する必要がある人にピッタリのプランで、月額料金は4011円となります。しかし、こちらのプランもディスカウントサービスがあり、最初の2か月間は通常価格よりも1285円も安い2726円で利用することができ、その後24カ月までは月額3411円と通常価格よりも600円安く利用できます。また、ギガ放題プランの場合には、ハイスピードモードならデータアクセス制限なしで利用できますし、AUの4G LTEエリアでは毎月7GBに制限がかかりますが、他の業者及びライトプランと比べるとかなりハイスピードでネットを利用できるのが魅力です。

 

お得なWiMAX、ブロードワイマックスの詳細はこちら



wimax 安いおすすめプロバイダーのプランは?

wimaxを安く利用するためには、どのプロバイダーを選んでどのぐらいの利用期間で契約するのがお得なのか、知りたいですよね。Wimaxでは、プロバイダーごとに異なるキャンペーンをしていて、最初の数か月間は利用料金が安くなったり、端末が無料でもらえるという特典があります。安いかどうかを比較する際には、そうした点も含めて比較したほうが良いので、複数のプロバイダを利用した際にかかる料金は、2年間使った時の実質料金を比較するのがおすすめです。

 

wimaxの中でも最新のwimax2+を利用した場合、2年間でかかる料金が最安になるのはGMOとくとくBBをプロバイダに選んだ場合ですね。ギガ放題プランを2年間契約すると、最初の2か月間は800円で利用できるだけでなく、端末も無料でもらうことができます。また、最初にかかる初期費用もわずか3000円程度と安いので、2年間使った時の実質費用は78168円となり、これが業界最安値となりますね。

 

毎月かかる月額料金を安く抑えたいのなら、カシモwimaxが良いでしょう。こちらは月額料金はギガ放題2年を契約すると最初の2か月間は1380円となり、その後は通常料金の3380円となりますが、長く続ければ続けるほどお得になるプランでsね。2年間使った時の実質料金は80120円となりますが、最安値のGMOとくとくBBと大きく異なることがないため、かなりお得なプランと言えるでしょう。

 

ただし、法人でwimaxを利用する場合には、初期費用が高くなるケースが多いため、注意しなければいけません。個人だと登録手数料が3000円程度の所が多いのですが、法人になると業界最安値と言われているBroad wimaxでも1台あたり18857円かかることになります。そのため、初期費用がディスカウントになるキャンペーンを上手に利用することが、安くwimaxを利用するためのコツと言えるでしょう。ちなみに、法人プランで業界最安値と言われているBroad wimaxでは、初期費用1台当たり18857円が無料になるキャンペーンをしていて、複数台を契約する場合には最大で20万円まで割引をしてもらうことができます。これはとってもお得ですよね。

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]公式サイトはこちら