wimaxに申し込むと、複数のプロバイダからサービスによってえらぶことができます。現在インターネット回線を利用している人は、SO-NETやBIGLOBEなどのプロバイダにも加入しているはずで、もしもwimaxでも利用できるプロバイダなら、そのままプロバイダ契約は解約することなく、サービスをwimaxへ移行するだけでそのまま使うことができます。インターネット回線接続業者の中には、プロバイダ料金が含まれている所もありますが、wimaxのように含まれていない場合にはプロバイダ業者を自分で見つけて申し込む作業が必要です。wimaxではいくつかのおすすめプロバイダがラインナップされているので、比較しながら少しでも安い所を見つけるのがおすすめです。

 

wimax対応のプロバイダの中でもおすすめなのは、とくとくBBですね。こちらは最大で3万円を超えるキャッシュバックを開催していることが多いので、うまくタイミングを合わせればとってもお得に利用できるというメリットがあります。毎月かかる料金は3609円となり、業界最安値レベルの安さとなっていますよ。

 

通常のネット回線でも人気のSO-NETは、wimaxにも対応しています。このプロバイダを利用する場合には、毎月かかる料金はwimaxの月額料も合わせて3695円となりますが、利用開始月は無料となるので、お得ですよね。SO-NETでもキャッシュバックキャンペーンをしていて、申込むと2万円程度のキャッシュバックをゲットできるだけでなく、3か月間はサービスが無料になるので、最初はとくとくBBよりも安く利用できるというメリットが期待できます。

 

BIGLOBEもおすすめです。こちらはキャッシュバックの金額は最大で15000円となり、とくとくBBとかSO-NETと比較するとイマイチ感は否めませんが、月額割引料金と合わせると合計で6万円以上のディスカウントが期待出来るという特典がついているプロバイダーです。

 

ちなみにブロードwimaxを利用する場合には、月額料金は業界最安値の2726円となり、早ければ申し込んだ翌日から利用できるという素晴らしいメリットがありますし、キャンペーンを利用すると最初にかかる費用の18000円程度を割引してもらえるというサービスも受けることができます。

 

お得なWiMAX、ブロードワイマックスの詳細はこちら



wimax 安いプロバイダの比較と選ぶ場合のポイント

wimaxを少しでも安く利用したい場合には、どんなポイントを抑えたプロバイダ探しをするのが良いのでしょうか。まず最初に、利用する期間を考えるところから始めましょう。多くのプロバイダでは、2年とか3年という長期間の利用を契約すれば、月額料金が安くなるシステムとなっています。

 

最初からそのプロバイダを選ぼうと決心していて、長期間使うことを前提としている場合には、そうした契約方法を選ぶことで業界最安値などお得に利用できますよね。しかし、実際に使ってみなければ分からないという場合には、最初から2年とか3年の契約をする事には抵抗があるでしょう。長期間で契約したのに、後から解約したいとなると、違約金が発生してしまうので、かえって割高になってしまいますよね。そんな時には、短期間でも契約できるプロバイダを選ぶことをおすすめします。例えば個人利用のwimaxで人気のUQ wimaxは、1日から契約することができます。初めてwimaxを使ってみる人なら、まずは1ヶ月ぐらい契約した上で、続けるかどうか、本当に使い勝手が良いのかどうかを検討することをおすすめします。

 

1年ぐらいは使ってみようかなという場合には、1年契約できるプロバイダもたくさんありますよ。例えば、BIGLOBEやとくとくBBなら、1年契約でもキャッシュバックが最大2万円ついてくるので、かなりお得に利用することができるでしょう。しかも、1年契約でも特典が充実しているので、満足度が高いサービスを受けられそうですね。

 

複数台を契約することが多い法人の場合には、まとまった金額がかかることが多い初期費用を少しでも安く抑える方法を検討することをおすすめします。それが、費用を安く抑えるコツですね。業界最安値のBroad wimaxでは、1台あたりにかかる初期費用18857円を無料にできるキャンペーンをしていて、複数台を契約する場合には最大で20万円まで割り引いてもらうことができます。これはとてもお得ですね。もしも法人契約の場合には要チェックです!

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]公式サイトはこちら