BroadWiMAXには、一定期間内に一定以上のデータ通信を行った場合には速度制限がついています。これは、殆どのインターネット接続サービスについているもので、BroadWiMAXだけに限ったものではありません。インターネットの回線は、複数の人で共有しているわけですが、一人の人が大容量で使い続けていると、少なからずほかの人に影響が出てしまうことになります。また、回線が混雑する原因にもなってしまいます。そのため、インターネット接続サービスの多くは、こうした混雑やトラブルを避けるため、速度制限を設けているわけです。多くの場合、直近3日間で一定量以上を使った場合に速度制限の対象となり、この一定量というのはそのサービスごとに異なります。BroadWiMAXの場合には、直近3日以上で3GB以上使ってしまうと速度制限の対象となるので注意しましょう。

 

3日間の合計が3GBと言われても、パッと来ない人は多いですよね。この量は、メールをチェックしたりネットサーフィンをしたり、また動画を見たりゲームをするという点では全く問題ない量なので、殆どの利用者はこうした心配をする必要はないでしょう。しかし、シェアソフトを利用して自宅で仕事をしているクリエイターなどにとっては、常にデータをアップロードしながら仕事をすることが多かったりすると、この3GBは注意しなければいけません。ただし、そうしたクリエイターたちはそうしたデータについてより専門的な知識を持っていることが多いので、あまり心配する必要はないかもしれませんね。

 

もしも速度制限にかかってしまった場合には、どうすれば良いのでしょうか?BroadWiMAXの速度制限は直近3日間で計算されるので、使わない日があって直近3日の合計が3GBよりも少なくなれば、再び快適なスピードでインターネットが楽しめるようになります。3日間で3GBなら、単純計算すると1日当たり1GBということなので、この量を目安にインターネットを使うようにするのが良いかもしれませんね。また、使いすぎたかなと思った時には、翌日には使用を控えるなどの工夫をするのもおすすめです。

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]のさらなる詳細はこちら