BroadWiMAXには、一定期間内に一定以上のデータ通信を行った場合には速度制限がついています。これは、殆どのインターネット接続サービスについているもので、BroadWiMAXだけに限ったものではありません。インターネットの回線は、複数の人で共有しているわけですが、一人の人が大容量で使い続けていると、少なからずほかの人に影響が出てしまうことになります。また、回線が混雑する原因にもなってしまいます。そのため、インターネット接続サービスの多くは、こうした混雑やトラブルを避けるため、速度制限を設けているわけです。多くの場合、直近3日間で一定量以上を使った場合に速度制限の対象となり、この一定量というのはそのサービスごとに異なります。BroadWiMAXの場合には、直近3日以上で3GB以上使ってしまうと速度制限の対象となるので注意しましょう。

 

3日間の合計が3GBと言われても、パッと来ない人は多いですよね。この量は、メールをチェックしたりネットサーフィンをしたり、また動画を見たりゲームをするという点では全く問題ない量なので、殆どの利用者はこうした心配をする必要はないでしょう。しかし、シェアソフトを利用して自宅で仕事をしているクリエイターなどにとっては、常にデータをアップロードしながら仕事をすることが多かったりすると、この3GBは注意しなければいけません。ただし、そうしたクリエイターたちはそうしたデータについてより専門的な知識を持っていることが多いので、あまり心配する必要はないかもしれませんね。

 

もしも速度制限にかかってしまった場合には、どうすれば良いのでしょうか?BroadWiMAXの速度制限は直近3日間で計算されるので、使わない日があって直近3日の合計が3GBよりも少なくなれば、再び快適なスピードでインターネットが楽しめるようになります。3日間で3GBなら、単純計算すると1日当たり1GBということなので、この量を目安にインターネットを使うようにするのが良いかもしれませんね。また、使いすぎたかなと思った時には、翌日には使用を控えるなどの工夫をするのもおすすめです。

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]のさらなる詳細はこちら



BroadWiMAX 速度制限はあるか

多くのインターネットサービスでは、一人の利用者が回線のデータ通信量を独り占めして他の多数に迷惑が掛からないように、速度制限のルールが設けられています。これはBroadWiMAXにも言えることで、BroadWiMAXから提供されている2つのプランどちらにもそれぞれ条件が設定されています。

 

まず、あまりインターネットのデータ通信量が多くない企業向けのライトプランの安倍には、毎月7GBという制限が設けられていますが、もしも連続する3日間で10GBを超えてしまった場合には、速度制限の対象となり、一時的に通信速度が遅くなってしまうので理解しておきましょう。また、ギガ放題プランの場合でも、データ通信量の月ごとの制限は設けられていませんが、連続する3日間で10GBを超えてしまうと、速度制限の対象となり、一時的に通信速度が遅くなることは理解しておきましょう。毎月使うデータ通信量に制限はなくても、一日にたくさん使いすぎてしまうのはNGということですね。

 

こうした速度制限のルールは、インターネット業者ごとに異なります。条件が厳しく設定されている所もあれば、比較的緩めの所もあるわけです。BroadWiMAXの場合には、連続する3日間で10GBが条件となっていて、他の業者と比べると比較的緩めの設定になっていると言えます。この点は、BroadWiMAXの大きなプラスポイントと言えるでしょう。

 

具体的に10GBがどのぐらいの作業をすると到達してしまうラインなのか、気になりますよね。Youtubeなどで動画を見る場合には、10GBは到達するラインではないので、あまり心配することはないでしょう。しかし高画質で映画を見る場合、1本見ると2GB程度のデータ通信量になってしまうので気を付けなければいけません。ここでポイントなのは、高画質、つまりハイビジョンで見る場合ということです。高画質でなければ映画を見てもデータ通信量が2GBになることはないので心配する必要はありませんね。また、WEBで情報検索をしたりメールをチェックするという場合も、10GBは到達する心配はないので安心してくださいね。

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]公式サイトはこちら