BroadWiMAXには、WiMAXとWiMAX2という2つの電波が提供されていて、使用するモードによってどちらの電波を利用するのかが異なります。BroadWiMAXにはノーリミットモードとハイスピードモードとがあり、ノーリミットモードの場合にはWiMAXにのみ接続することになり、ハイスピードモードの場合にはWiMAXとWiMAX2から自動的により最適な法を選んで接続するというシステムが適用されています。

 

このうち、電波の速度が速いのはWiMAX2の方で、こちらの電波が安定している時にはハイスピードモードで接続したほうが快適なネット環境で利用することができるわけですが、場所によっては必ずしもWiMAX2が安定しているというわけではありません。その場合、ネットを使っていても突然接続が切断されてしまったりしてイライラすることが多くなってしまいますよね。

 

そこで活躍してくれるのがノーリミットモードです。このモードは、接続のスピードが下りで最大40Mbpsとなっていて、ハイスピードモードと比べるとそれほど速いというわけではありません。しかし安定度は抜群なので、WiMAX2が不安定な時にノーリミットモードに接続しておけば、ずっと安定してネットを使うことができます。BroadWiMAXでは、現在WiMAX2のサービス提供エリアの拡大に務めていて、広い範囲でハイスピードなネット環境が利用できることを目指しています。その際にはネット環境が一時的に不安定になってしまうことがあり、そんな時にWiMAXに接続するノーリミットモードが活躍してくれるというわけです。WiMAX2が完全に安定して利用できる環境になれば、ノーリミットモードは必要なくなるわけですが、出張などで遠方に出かけた時にはノーリミットモードがついていることは大きな安心感につながります。

 

BroadWiMAXが提供するモードの中では、ノーリミットモードはもっとも速度的に遅いモードとなっています。このモードよりも早いのはハイスピードモードとなり、現在ではBroadWiMAX最速スピードでネットが使えるハイスピードプラスエリアモードが提供されているようです。モバイルなのにネット接続環境がどんどん快適になれば、自宅で使っているネット回線は必要なくなってしまうかもしれませんね。

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]のさらなる詳細はこちら



BroadWiMAX ノーリミットモードの特徴

BroadWiMAXのノーリミットモードとは、データ通信における通信量に制限が設けられていないモードのことで、法人対象のBroadWiMAXプランにおいてはギガ放題プランとよく似ているプランだと考えることができます。法人向けのプランとしては、ノーリミットモードは提供されていないので選ぶことはできないのですが、具体的にどんなプランなのかをご紹介しましょう。

 

まず、BroadWiMAXのノーリミットモードは、毎月利用できるデータ通信量に制限が設けられていないというモードのことです。他のプランだと、連続する3日間でデータ通信量が10GBを超えると速度制限の対象となってしまいますが、ノーリミットモードではこの速度制限のルールが適用されないというメリットがあります。そのため、今日は使い過ぎたから明日はセーブしたほうが良いかな、という心配なく、使いたいだけ使うことができるというメリットが期待できるのです。

 

「それでは他の利用者にとって不公平なのでは?」という人がいるかもしれませんね。しかしノーリミットモードの場合には、ネットに接続する通信速度が他のプランよりも圧倒的に遅いというデメリットがあるのです。たとえばBroadWiMAXの場合には、最高速度で440Mbps程度が期待できますが、ノーリミットモードの場合だと、最高速度でも14Mbs程度となります。メールをチェックするとかWEBで情報検索をする程度なら不便に感じることはないスピードですが、動画を閲覧するという作業には向いていないモードなのです。

 

BroadWiMAXは法人向けのプランなので、ノーリミットモードは展開されていません。しかし個人向けのWiMAXでは、7GBプランやギガ放題プランと並んで、ノーリミットモードを選択することができます。自分がネットをどんな風に使うのかを考えたうえで、ピッタリのプランを選びたいですね。ちなみに、ノーリミットモードの月額料金ですが、7GBプランと同じ料金設定となっています。スピードは遅くても良いから使いたい時に使いたいだけ使えるプランが良いという人なら、このモードが一押しですよ。

 

ブロードワイマックス[BroadWiMAX]公式サイトはこちら